国際友好交易のMLMで成功者になれるのか?口コミや評判から見える失敗者の特徴と成功法【徹底暴露】

こんにちは、yuuです。

 

今回は国際友好交易について記事を書きます。

 

僕は収入源は多ければ多いと考えていて

ネットワークビジネスは賛成派です。

 

なので、いくつかの会社の商品も愛用しているし、

不労所得もそれなりに頂いています。

→ 著者のプロフィールはこちら

 

ただ、同時に「難しさ」もかなり感じていて

普通に実践するとやはり失敗確率も高いなと感じています。

 

その中で今回は国際友好交易について見ていきたいと思います。

 

国際友好交易とはどんな会社なのか?

国際友好交易が採用しているネットワークビジネスの本質とは

国際友好交易に興味がある人の大部分が気になるのが

「稼げるかどうか?」ということだと思います。

 

実際に国際友好交易で稼げるかどうかを理解するには

ネットワークビジネスというビジネスモデルについて

その本質をきちんと理解する必要があります。

 

ただ、ダウンをたくさん作れば逃げ切れるなんて思っていると

大半の場合で失敗するので注意が必要です。

 

ネットワークビジネスは別名でMLMとも呼ばれます。

 

国際友好交易が採用しているネットワークビジネスが

どういうビジネスかと言うと国際友好交易の代理店になり、

国際友好交易の商品を流通させることで報酬が得られるというビジネスです。

 

ただ、国際友好交易の商品を口コミするだけでなく

国際友好交易のビジネスを口コミするという選択肢があります。

 

ビジネスをやるためには、国際友好交易の商品を

いずれにせよ購入する必要があります。

 

つまり、

  • 友達に国際友好交易の商品を買ってもらう
  • 友達に国際友好交易のビジネスに参加してもらう

このいずれかによって自分経由で国際友好交易を買ってくれる人を

作ることで報酬が得られるビジネスです。

 

基本的には生命保険などの営業と同じで代理店ビジネスなんですが

自分の下に組織が増えていくというのがMLMの特徴です。

 

図でみていきましょう。

 

もし自分がAさんとBさんという2人を国際友好交易ビジネスに誘い、

その中のAさんがCさん、BさんがDさんを誘ったとしたら

図にすると以下のようになりますね。

 

   あなた

 /    \

Aさん   Bさん

 │     │

Cさん   Dさん

 

この時、あなたは自分で誘ったAさん、Bさんだけではなく

CさんとDさんからも報酬が受け取れるのです。

 

このように、自分の下にダウンを増やしてプラミッド構造を作れば

報酬が増えていくのが国際友好交易のビジネスの特徴です。

 

似たようなビジネスにねずみ講という違法ビジネスがありますが、

MLMはしっかりと商品の流通を作るので違法ではありません。

 

こうやって見ると、ピラミッドさえ作ってしまえば

あとは放置でも稼げるように見えますよね。

 

特に、MLMにおいてはダウンを増やせば

不労所得が作れると思っている人が多いので、そういう誤解はつきものです。

 

しかし、実際にはそんなに甘くはありません。

 

というのが、

・そもそもMLM自体の評判が悪く口コミが上手くいかない

・仮にダウンが出来ても途中でやめる人が多い

からです。

 

もし、Aさんという人が「簡単に稼げそうだな」と思って

国際友好交易ビジネスをスタートした場合。

 

半年くらいやっても上手くいかないと

やる気がなくなって辞めたくなるのは予想できますよね。

 

だから、「自動で稼げる」とか「簡単に稼げる」など伝えて

ダウンを作るとすぐにやめられてしますのです。

 

よって、真面目にビジネスとして取り組む必要があるし、

ダウンを盛り上げていく人間性も問われてくるというコトが分かります。

 

国際友好交易の苦情や被害などの評判について

国際友好交易ビジネスに取り組むにあたってまず最初に

ハードルになるのが友達へ口コミをしていく営業活動です。

 

しかし、ここで大きな障害があります。

 

というのが、国際友好交易の評判は決して良いとは言えず、

中には被害にあったとか苦情があるというネットの口コミもあるからです。

 

ただ、これには根本的な理由があるのです。

 

それが、国際友好交易に限らずそもそもネットワークビジネス自体が

日本においては「とてつもなく嫌われているビジネス」だということ。

 

人によってはねずみ講とネットワークビジネスを同じだと思っています。

 

ねずみ講とは別物だと知っている人であっても人によっては、

「金づるにされた」と感じる人もいます。

 

大体、日本人が100人いたら少なくとも7割くらいの人は

そもそもネットワークビジネスを怪しいとか危ないと決めつけているし

残りの3割の人も積極的にやろうとする人はほとんどいません。

 

そういう状況の中で国際友好交易の商品の口コミや

ビジネスの勧誘をしていく必要があるのです。

 

「これめっちゃ良いビジネスだから友達に勧めよう!」と

どれだけ自分が前向きな気持ちで活動していたとしても

相手からは「変なのに誘われた」と思われるのは日常茶飯事です。

 

当然ですが、国際友好交易についても誤解されているのです。

 

実際、僕自身も別のビジネスでそこまで仲が良くない友達に

口コミをした時にめっちゃ嫌な顔をされ、それだけで終わらず

音信不通になってしまった人がいます。

 

もちろん、全く悪気なんてないし騙すつもりもありません。

心底良いビジネスだと思ったから声をかけたのです。

 

でも、相手から見るとネットワークビジネスが絶対悪なので

口コミをするのもアウト、話題にするのもアウトで何をしても

悪い方向に捉えられてしまう。

 

結局その友達との縁が切れてしまった上に友達の間で

「アイツには近づくな」みたいに危険人物になっている事を知りました。

この経験は本当に勉強になりましたね。

 

でも、ネットワークビジネスは普通にこういう事があります。

 

苦情や被害の声が出ているというのは少なからず

このような誤解から生まれているわけです。

 

だから、国際友好交易でビジネスをしていく場合も

このような誤解があることを大前提に活動する必要があります。

 

では、この状況を踏まえてどうすれば

成功できるのかについて考察していきましょう。

 

信頼残高がないと口コミで話をきいてもらうことが出来ない

国際友好交易ビジネスで成功するためには

信頼残高という概念を知る必要があります。

 

これはビジネスに限らず人生で成功するために

必要不可欠なものです。

 

例えば、物凄く尊敬しているAさんという人と、

「この人嫌なひとだなぁ」と感じてしまうBさんという人の

2人の知人がいる事をイメージしてみてください。

 

AさんとBさんから全く同じ誘われ方で

「このビジネスは面白いよ」と言われて

国際友好交易に誘われたとしたらどうするでしょうか?

 

おそらく、Aさんの話は「Aさんは信頼できる」という理由で

話を聞きたいと思えるでしょうし、Bさんの話は「Bさんだから」と言う理由で

あまり話を聞きたくないと感じるはずです。

 

このように、実はビジネスそのものの内容がどういうものなのかよりも

信頼残高が高いか低いかによって話を聞いてもらえるかどうかが

決まる側面があるのです。

 

だから、全く同じビジネスで同じように勧誘活動をしても

人によって違いが出てくるのは当たり前だったりします。

 

これまでの人生で全力で部活に精を出してきて、

大学でも勉強を頑張ってきてみんなから慕われている人が

国際友好交易をやる場合の周囲の反応は、たとえ

「この人が言うんだったら聞いてみようかな」となりやすい。

 

一方で周囲からの信頼が低かったり、慕われていないと

「またこの人変なのやろうとしている」と言う風になる。

 

そこで話を聞いてもらえないからと言って

「簡単に稼げる」「自動で稼げる」などと言ってしまうと

最悪、相手からは最低な人だとみなされてしまいます。

 

だから、どれだけ良い会社だろうが決め手は

最終的には信頼関係になります。

 

ちなみに、ネットで知らない人に口コミする場合、

ほとんどの場合上手くいきませんがそれは

信頼残高が0なのが原因です。

 

新宿で道行く人から何か勧誘されても話を聞かないのと同じで

ネット上で赤の他人から信頼してもらうのは決して

簡単ではないというコトです。

 

僕自身が友達にビジネスの口コミをして音信不通になったのも

「あまり仲良くない友達」に口コミをしたのが最大の原因です。

 

相手から見ると「久しぶりの連絡がビジネスの勧誘だった」わけですから、

当然、とても印象が悪かったわけです。

 

なので、国際友好交易のビジネスで成功するには

信頼が最も大事になるのです。

 

親しい友人や知人が多ければ上手くいく確率は高いし

引きこもっていて友達がいないと難しいです。

 

また、あまり友人がいないのに無理をして

距離が遠い人やSNSで知り合った人に口コミをしても

信頼残高が低いので上手くいきません。

 

これはもうしょうがないことなんです。

→ 信頼残高を高める方法&月収100万円稼ぐには?

 

友達を失ってまでビジネスをやるなら別の選択肢を探せ

僕自身もビジネスで友達と音信不通になってしまいましたが

ハッキリ言って、友達を失ってまでやるものじゃないです。

 

そもそも、ビジネスをやるのは「もっと人生を良くするため」です。

その中で友達がいなくなると人生はマイナスです。

ダメージのほうが絶対大きい。

 

でも、こうなってしまう最大の原因が

追い込んだ状況を作ってしまうからです。

 

国際友好交易で成功しないと人生アウト。

もう国際友好交易で成功するしか選択肢がない、

みたいになると当然辛いです。

 

結果、勧誘などが激しくなり人から嫌われたりして

ビジネスと引き換えに大切なものを失います。

 

また、今の時代は有名なMLM会社でも

業務停止や組織崩壊があちこちの会社で起きていて

一つのビジネスのみに依存するのはとても危険です。

 

そもそも、自分の信頼がないと成功できないビジネスなのですから

自分を軸にして複収入を作っていく方が賢いのです。

 

つまり、たくさんの収入源があって

その中の一つに国際友好交易もある、という状態を作るコトです。

 

国際友好交易も含めた複収入を作る方法

複収入を作るには順番があります。

これを間違えると上手くいきません。

 

まず、どんなビジネスでも大事なのが集客(=お客さん集め)です。

 

集客が出来ればビジネスは上手くいくし、

集客が出来なければビジネスはうまくいきません。

 

集客というのは先ほども書いたように信頼が大事なので、

ただ、人を集めれば良いというものではなくて、信頼を

作るところまで含めて集客です。

 

ビジネスが上手くいかないのは信頼構築まで含めた

集客ができないのが原因です。

 

しかし、逆に言うとこの本当の意味での集客が出来れば

国際友好交易にしろ個人事業にしろ稼げてしまいます。

 

例えば、僕の知人のAさんはカフェを運営していて

みんなから慕われているのでそのカフェには

人がたくさん集まっています。

 

つまり、Aさんは信頼残高が高い人なのです。

 

そして、Aさんはサプリ系のMLMもやっているし、

それ以外に自作のアクセサリー販売もやっているし

旅行のツアコンもやっています。(カフェが副業です)

 

そこで、サプリに興味がある人にはMLMをプッシュし、

アクセサリーに興味がある人にはアクセサリーを販売し、

旅行に興味がある人は「私がガイドしますよ」と旅行の募集もしています。

 

そして、無理に口コミをしないので

みんなから感謝されながらそれぞれで収入が上がっているのです。

 

このように、MLMが主で自分がそこに依存するのではなくて

自分のもとに集まってきてくれた人に対して

自分の信頼残高を使って色々紹介しているのです。

 

彼女がやっているのは言ってみれば個人ビジネスです。

 

同じようにたくさんの人が集まり、信頼してもらえる状態になってしまえ

興味がある人に興味があるモノを柔軟に販売するコトが出来るようになります。

 

国際友好交易に興味がある人がいたら国際友好交易を口コミし、

興味がない人には一切口コミしない。

でも、別のモノに興味があるならそれをお勧めする、という形で

ビジネスをやるのが最も楽しいし無理がありません。

 

これは言い換えると会社軸ではなくて

自分軸でビジネスをするというコトでもあります。

 

実際、ネットワークビジネスの成功者として有名な人は

  • ネットワークビジネスによる収益
  • セミナービジネスによる収益
  • 自己啓発のコンサルによる収益
  • その他のビジネスによる収益

と言う風に自分を軸にしながらたくさんの収入源を

作っている人が圧倒的に多いです。

 

アムウェイの山崎拓巳さんなんかは7つの

複収入を作るべきだと言っています。

 

このように、自分を軸にすることで

ビジネスの幅が広がるのです。

 

そして、そのためには実はネットの活用がお勧めです。

 

というのが、ネットを使う事でネット上に

僕の知人のAさんで言うカフェのような「場」を

作ることが出来るからです。

 

その「場」に

・新しい人を集めて

・そのうえで新しい人と信頼関係を築く

ということが出来るのです。

 

もちろん、信頼残高と言う概念がないと難しいですし

闇雲にネットで「自動でダウンを作る」みたいな

怪しげな話ではありません。

 

きちんと信頼を大前提にしつつ、

ネットを活用している人が成功しています。

 

こんな形で成功するのは実は全然難しくありません。

必要なのはちょっとした勇気だったりします。

やれば案外簡単です。

 

その方法についてはメルマガなどでも紹介しているので

是非、興味があれば見てみてくださいね。

→ 公式メルマガ登録はこちら

→ 僕のプロフィールはこちら